会社情報

代表からのご挨拶

経営者の左腕としての組織であり続ける。

よく「経営者の右腕」という言葉は聞きますが、売上につながる営業だったり、開発だったりと「攻め」というイメージの方が多いのではないでしょうか。
わたしたちは経営者の方にとっての「守り」の要である「経営者の左腕」としての存在でありたいと考え、日々業務を行っています。

会計事務所は経営者の方にとって、会社の数字を社外では一番に共有いただける存在です。本来であれば、経営を一番初めに、そして深く相談できる存在と言えるでしょう。

会社の数字から過去の事業背景を読み解き、現在の状況を整理し、未来を切り開く。
私は、それを経営者の近くで一緒になって取り組み、経理・税務に限らず「経営者の全ての悩みを解決する」ことをしていきたいと思い、会計事務所という道を選択しました。
また、当然一人では限界がありますので、組織として、そして多くのクライアント・パートナーと共に、より多くの問題解決をするためにベンチャー会計事務所として事業を拡大しております。

会計業界を見渡してみると、現実として「経営者の左腕」として機能している会計事務所が世の中に多くあるかというと、そんなこともありません。
会計事務所が、作業のように日々の経理をチェックし申告書を作るだけ、ということも少なくないでしょう。私自身、会計事務所がもっと経営者の左腕としてしっかりと機能していれば、倒産することがなかったといった事例を大企業から中小企業まで数多く目の当たりにしてきました。

逆に言うと、それだけ会計事務所が経営者の力になれることは多いと思っておりますし、「経営者の左腕」として機能し「守り」を支える意味は大きいと考えています。

さらにその先には会計事務所の枠を超えて、「攻め」の右腕に添えることのできる左腕として、事業を発展させるところまで力になっていける。
そんな「何か相談すれば解決してくれる」唯一無二の存在でい続けたいと思っております。

株式会社SevenRiciAccounting代表取締役 服部俊介