かっこいい税理士に、なる。セブンリッチ会計事務所リクルート

社員紹介

社員インタビュー

井上 剛夫

だれかの役に立てた。
そう実感できることが、
自信になり、成長につながる。

井上 剛夫 〈キャリア採用〉
監査法人 → セブンリッチ会計事務所

目の前でこまっているひとを救える会計士・税理士になりたい。私がセブンリッチに入社した理由は、いろいろなタイミングもありますが、やはり会社がめざす方向に共感したことが大きいと思います。それまでは仕事柄、友人や知人にお金のことなどについて相談されることはあっても、具体的に応えることはなかなかできなくて。それがとても歯がゆくて…。じぶんはこのまま、一部の会社にだけ求められるような専門性を極めていきたいのか。そうではなく、身近なひとを助けられるような知識や経験を身につけたいし、実践していきたいんじゃないのか、と。

セブンリッチで働きはじめてからは、お客さんとの距離が近くなり、だれのために仕事をしているのかが見えやすくなりました。じぶんの仕事に対してのポジティブな反応を直に感じられるし、頼りにしていただく場面もだんだんと増えてきて。そうした経験が自信になり、モチベーションになり、さらなる成長へとつながっていく。そうやって、じぶんの成長を実感できることも、とてもやりがいになっていますね。

弊社のお客さんは、スタートアップ企業が多いです。つまりそれは、年間100社を超える経営者のエネルギーと、新しいビジネスモデルにふれられるということ。その刺激は、本当にすごくて。私も思わず、アパレル系の会社をじぶんで立ち上げてしまったほどです。やりたいことをきちんと伝えれば、やらせてくれる社風がある。そういうところも、セブンリッチのいいところではないでしょうか。

会田 裕樹

「先生」と呼ばれるより、
名前で呼ばれる
税理士になりたい。

会田 裕樹 〈キャリア採用〉
個人会計事務所 → セブンリッチ会計事務所

私はもともと、地方の税理士事務所で働いていました。お客さんである中小企業の経営者の方々からは「先生」と呼ばれ、たいせつにしていただけるのですが、すこしだけ距離を感じることもありました。税理士は、税務のことだけやっていればいい、というような。たとえばお客さんの売り上げが落ちていたとしても、ただ見ていることしかできない。そんな見えない壁があったような気がします。もっとお客さんの近くで、一緒に問題解決をしていけるような場所で働けないだろうか。それが、セブンリッチを志望したきっかけでした。

いま、いちばんうれしいのは、お客さんが知らない情報を提供できたときですかね。たとえば、スタートアップ企業にとって「資金調達」は大きなポイントです。そんなお客さんに「こんな補助金がありますよ」という提案をしたりする。すると、「それは知らなかった。ありがとう!」と言ってもらえたりして。提案できるということが、これほどやりがいにつながるんだなあと実感しています。

私自身、はじめはコンサルをやってみたいと思っていました。しかしいまでは、税務のスペシャリストになりたいと思っています。実際に、コンサルの仕事に携わらせてもらって、やはりじぶんは税務のほうが向いているし、好きなんじゃないかと気づけたんです。いろいろ実践させてもらえるからこそ、「やりたいこと」と「やれること」のちょうどいいバランスが見えてくる。じぶんのめざすべき方向を見つけることができたのも、この環境のおかげ。会社に感謝しなくてはいけませんね。

泊 宏次

結局、じぶんは
だれを幸せにしたいのか。
そこに、答えがあった。

泊 宏次 〈新卒採用〉
4年制大学 → セブンリッチ会計事務所

税理士の資格をとる前。プライベートで税理士に相談したい機会があったのですが、そのとき気づいたのが、まわりになかなか税理士がいないということ。それなら、じぶんがなってやろうと思ったのが、勉強をはじめたきっかけですね。するとタイミングよく、高校の野球部の先輩だったいまの社長が声をかけてくれて。まず聞かれたのが、「だれを幸せにしたいんだ」ということ。そのひと言で、じぶんは「まわりでこまっているひと」「頼ってくれるひと」のために働きたいんだと気がつきました。そしてその思いが、セブンリッチの理念と重なっていたことも大きいです。

働きながら、本当にたくさんのことを学んでいます。自ら気づくこと。自らつかむこと。ひとの役に立ちたいという思いに、だんだんと実力が追いついてきた感触もあります。課題や答えを発見するための意識や姿勢の部分。そして、具体的な手段としての税務をはじめとする知識やスキル。お客さんのために、と思うことで、ひとつひとつの仕事に責任感が生まれてくるんです。いまはまず、もっともっと税務に強くなりたい。

将来的には、医療の分野にすごく興味があります。助けているひとを、助けたい。だれかのためにがんばっているひとを支えていけたらと。社長に話してみたら、すぐに医療関係の仕事のチャンスをつくってくれました。セブンリッチはそういう会社です。まだまだやれることは無限にある。入ったからには、やってみる。そんな精神で、これからもぶつかっていきたいと思っています。

設楽 京

やりたいと言えば、
チャンスをもらえる会社。
受け身だと、もったいない。

設楽 京 〈キャリア採用〉
アパレル会社 → セブンリッチ会計事務所

前職は、アパレル会社で接客をしていました。ご縁があって、セブンリッチを紹介していただき、いつのまにか一員に。数字は苦手なんですけどね。きっと、何か惹かれるものがあったんだと思います。入ってまず感じたのは、ゼロから知識を積み重ねる楽しさ。成長を実感できるから、やりがいを感じられる。ひとつできるとまたひとつ、勉強したいことが増えてくるんです。知識がつながっていく感覚でしょうか。

やりたいことをやらせてもらえる環境も、セブンリッチらしい魅力だと思います。私は、いろんなものをすこしずつ味わうのが好きなタイプなので、幅広い分野の仕事を任せていただいています。もちろん、求められるレベルは高いです。教えてもらうというより、じぶんでつかみとらなくては。逆にいうと、受け身のひとには向かない会社かもしれませんけど。意欲さえあれば、なんでもできます。

いまはもっと、社会保障関係に強くなりたいです。これから会社が大きくなっていくなかで、私も専門性を高めていくことが必要かなあと考えたり。お客さんにとっても、ますます重要になる分野だと思いますし。接客業をしていたときも、現在やっているこの仕事も、だいじなのは「目の前のひとのために」という意識かもしれません。その意識さえあれば、より良いサービスやさらなる成長につながるはずですから。あとは、女性がもっと増えるとうれしいですね。すごく雰囲気がいい会社なんですよ、フランクで。ぜんぜん女々しくないのも、いい。女性目線で見ても、働きやすいムードだと思います。

市原 貴史

税理士になることが
ゴールじゃない。その先で、
どうお客さんの役に立つか。

市原 貴史 〈新卒採用〉
4年制大学 → セブンリッチ会計事務所

セブンリッチを知ったのは、合同説明会の会場です。いろんな会社のブースをまわったのですが、堅苦しくなく、フランクな会社だなあという印象でした。みなさんの年齢がじぶんと近く、なじみやすそうでしたし。大きな会社の一部になるより、こういう会社で働くのもいいかもなあと。「目の前のひとを助けたい」「かっこいい税理士」といったキーワードにも、こんな発想はなかったと驚かされましたし、深く共感できました。

基本的に、経営者の皆さんがお客さんであり、じぶんよりも優秀な方々ばかり。専門家として負けないようにという気もちが、成長を後押ししてくれている気がします。いちど、補助金の件でお手伝いさせていただいた案件があったのですが、そのあとWebで、よろこびの言葉がつぶやかれていて。なんだかとてもうれしかったのをよく覚えています。人間関係で悩まなくていいのも、恵まれていますね。さっきまで仕事のことで怒られていたのに、休憩時間になるとすぐ一緒に笑い合えたり。みんな、オンとオフの切り替えがきっちりしています。

「それでお客さんは得をするのか」。社長によく聞かれる言葉です。おかげで、その視点がだんだんと染みついてきて。勉強も、単に資格をとることを超えて、それがどうお客さんの役に立つかを意識しながらできるようになりました。税務だけでなく、コンサルのような視点で仕事ができるのも、セブンリッチならでは。勉強だけではわからないことがある。だからこそ、現場に飛び込んでみることがだいじなんですね。

横田 貴治

新人に、ここまで
やらせてくれるんだ。
これは成長できそうだな、と。

横田 貴治 〈新卒採用〉
専門学校 → セブンリッチ会計事務所

合同説明会のインパクトが、もうすごくて。そのあといろんな企業のお話を聞いたのですが、まったく頭に入ってきませんでした。「こまっているひとを助ける」。そう熱く語る社長は、ぜんぜん参加者たちに媚びない。むしろ説教しているぐらいの勢いだったのですが、正直かっこいいと思ってしまいました。説明会に行ってみると、「何歳までにいくら稼ぎたい?」と聞かれて。答えると、ホワイトボードにグラフを書きだして、「じゃあ同世代の上位何パーセントに入らないとダメだね」とか。「じぶんはいま何パーセントにいると思う?」とか。「じゃあ、がんばるしかないんじゃないの?」とか。圧倒されましたね。

実際、入ってから、新人にここまでやらせてくれるのかと驚きました。これは、ほかのところではなかなかできない経験なんじゃないでしょうか。やりたいと思うことがあったら、じぶんで提案し、ナットクしてもらえば、可能なかぎり意志を尊重してくれますし。本当に、圧倒的な成長環境だと思いますよ。「考えるのをやめるな」とか、怒られることもたくさんありますけどね。提案する、ということが、しぜんと身につく環境です。

社長について。ここまでじぶんのことを考えてくれるひとは、ほかに親以外いないんじゃないかと思うくらい。面談でも、すごく厳しいことをいわれるのですが、そこに必ずやさしさが隠れている。たまにほめられると、うれしいんですよね。いまは、資格試験の勉強を優先させていただきながら働く日々。机上の空論なんかじゃない、お客さんの役に立てる税理士をめざしています。

佐藤 匠

「会計」のチカラを、
身近なひとを助けるために
活かせる、よろこび。

佐藤 匠 〈キャリア採用〉
監査法人 → セブンリッチ会計事務所

じぶんは、「会計」が好きじゃないんじゃないか。監査法人で働きながら、そんなことを思いはじめていました。お客さんが遠く感じて、じぶんはだれの役に立っているんだろうって。だんだんと将来像が見えてくるのですが、これは違うんじゃないかと。同時に、身近なひとの相談に応えられずくやしい思いをすることもあって。そんなときに出会ったのがセブンリッチでした。とにかく価値観にすごく共感できたこと。「この会社が好きだ」「入りたい」とすぐに思えました。セブンリッチで「できること」はもちろん、「できないこと」まで包み隠さず教えてくれて。すごく信頼できました。こういう会社、なかなかないですよ。

入社してまだ間もないのですが、お客さんと近い距離で働けるのはいいですね。仕事の全体像が見えるのも、勉強になるし、すごくおもしろい。会社として、お客さんのニーズに合わせて、どんどん新しいところに入っていく感覚があります。それがひとり一人の成長にもつながっている。そして何より、雰囲気がいいですね。「目の前のひとを助けたい」という理念に共感するひとが集まったからこそ、こんなにも居心地のいい会社になったのかもしれません。

「会計」のチカラを、だれのために活かすのか。きっと、だいじなのはその視点。じぶんが学んできたことを、身のまわりのひとのために活かすことができる。こんなにも、やりがいを感じられることはありません。おなじ「会計」でも、だれのために働くかで、こんなにも違ってくる。最近また、「会計」が楽しくなってきたんですよ。

ページトップへ戻る