実務経験が浅いからこそ出せる価値がある

実務経験が浅いからこそ出せる価値がある

横 春菜

2021年 新卒入社 会計・税務部門

まずはやってみようという気持ちでスタートしました

Q. この会社に入社したきっかけを教えてください。

同じゼミの友人からの紹介です。大学時代にインターン生として入社して、その後正社員として働くことを決めました。私は経営学部出身で、会計の仕事に興味がありました。また、性格的に『フッ軽』(フットワークが軽い)なタイプなのでまずはやってみようという軽い気持ちでスタートしました。今振り返りると、私は昔から細かい仕事をきっちり行うことが大好きだったので結果的に凄く向いている仕事だったなと思います。実家は広告業をしているのですが、小学生の時、広告業で行う作業のDMの宛名シールをきっちり貼る遊びをやろうと友達を誘って驚かれたりしていた子でした(笑)

実務経験が浅いからこそ出せる価値がある

Q. 現在の担当業務を教えてください。

会計税務です。私は『細やかに気づける人』として価値を出せる人になりたいです。細やかに気づくことで実務経験が浅いからこそ出せる価値があると考えています。例えば設立したてのクライアントのために源泉税の納期の特例について、どういう流れで納税がなされているかを説明するためにスライドにわかりやすくまとめたりしています。また、社内の大学生のアルバイトには私が大学時代仕事の全体像が見えずに苦しんだ経験を活かして、今行っている仕事が仕事全体の中でどんな意味があるのかを意識して伝えるようにしています。

チャレンジする前は怖さもあった。手をあげて挑戦する大きな仕事

Q. 入社後のSRAのイメージをお願いします。

どんな人生にしたいかを聞いてくれて、それをやらせてくれる場所だと思います。それは良い意味でも大変な意味でも本当にそう思います。最近は融資業務をやりたいと手をあげてチャレンジさせてもらっています。クライアントの今後を左右するような大きな仕事でもあります。そういった意味で責任は強く感じますしチャレンジする前は怖さも感じました。クライアントと話すときは根拠をもって、そしてわからないこと調べて答えていく、誠実な仕事をしていきたいと思っています。

実務経験が浅いからこそ出せる価値がある

素晴らしい人達と一生モノの信頼関係を築いていく

Q. どんな目的をもって働いているか教えてください。

クライアントにとって会計税務を超えてなんでも気軽に相談できる相手になりたいと思っています。具体的には、「お世話になります」から始まる堅い関係ではなく、「相談したい」ってストレートに言われる関係になっていきたいです。目の前の人の変化や違和感に細やかに気づきサポートし続けることで、仕事がきっかけで出会う素晴らしい人達と一生モノの信頼関係を築いていける。そんな仕事をし続けていきたいです。

ALL