バックオフィスナビ

「キーワードは『領収書は捨・て・な・い・で!!!!!』29年度確定申告を準備しよう」ハガケンの学習紀行:第6話

今年の「確定申告」の期限が3月15日(火)なので、そろそろ準備している方が多いと思います。
必要書類とかをかき集めている最中かと...。
が、しかしちょっと待ってください!!!
29年度の確定申告で使用する資料期間はすでに始まっていますよね?
そこで今回は29年度の確定申告に向けて、準備するものをまとめました。
キーワードは「領収書は捨・て・な・い・で!」ですよ!!!!!

-shared-img-thumb-YUKA862_megane15205354_TP_V.jpg

確定申告とは

毎年1月1日から12月31日までに得たすべての所得を計算して、申告・納税する手続きのことを指します。
数ある税金の中で、「所得税」に分類される税金です。
年末調整も同じ「所得税」を計算する手続きですが、年末調整だけでは控除できない部分もあるため、似たような作業であり、まったく違うものです。
従来、個人事業主の方や2箇所以上から給与をもらっている人・不動産収入がある人がやるものという認識でしたが、近年制度が変わった関係でサラリーマンの方でも申告をする方が増えてきました。
住宅ローンを組んだときに必要なのは有名ですが、マイホームを売買したり買い替えしたりしたときも申告すると税金が戻ってきたりするのは知っていますか??
知らないととても損してしまうので、ぜひ次の項目と自身を照らし合わせてみてください!

こんな人は申告したほうがいいかも...?

個人事業主は必須として、こんな人も気にしたほうがいいです!

病院で10万円以上使うぐらい病気になってしまった方
業務で税理士や英語スキルが必要でお金払って頑張っている方
単身赴任で一人頑張っているお父さん
接待したのに会社が払ってくれないサラリーマン
住宅ローンを組んだ幸せな方
FXで損しちゃった悲しい投資家
災害や盗難により資産等に損害を受けてしまった方
マイホームを売却して利益や損失が出たお父さん
豪華な品物が欲しいために6箇所以上にふるさと納税しちゃった方

皆さんは当てはまってはいませんか?

こんな領収書は捨てないで!!!

領収書ってそもそももらわなかったり、財布が重くなるからすぐ捨てたりしますよね?
もし捨ててしまうと会計事務所は泣きます...。
こんな領収書があったらすぐ保管してください!!!

(家族全員の)病院行ったときや薬を買った時の領収書
配偶者や子ども、生計を一にしている親族の国民年金保険料や健康保険料の納付書
通勤の領収書
セミナーの領収書
TOEICや簿記などの資格受験したときの領収書
単身赴任で自宅に帰るときの交通費の領収書
本買ったときの領収書
スーツ買ったときの領収書
接待したときの飲み会領収書
ふるさと納税したときの証明書
マイホームを購入または売却した時の契約書や領収書すべて
災害に見舞われ、やむを得ない支出をしたときの書類一式

ちなみにこれもとっておいてください!!!
以下の資料は年末調整で必要ですし、届いたらすぐに保管しましょう。
もう一度言いますが、捨ててしまうと会計事務所は泣きます。

生命保険料控除証明書のハガキ
地震保険料控除証明書のハガキ
社会保険料控除証明書のハガキ
※大体11月ぐらいに届きます。

終わりに

今回は「領収書を捨てないで!」をテーマにとっておいて欲しい領収書をまとめました。
なぜこの領収書たちを取っておいて欲しいかどうかについては後日、また控除ごとにまとめます。
絶対に捨てちゃダメですよ?
今年の確定申告の準備も大変ですが、来年のために今から準備しておきましょう!!!

来年の確定申告はもちろんのこと、今年の確定申告の相談も随時受け付けています。
毎年、駆け込んでくる方もいらっしゃいますので、早めに対処することをおすすめします。
お気軽にご相談ください。

関連するコンテンツ

関連するカテゴリ